Webアプリケーションにおけるセッション管理

php PHP

セッションとは

HTTP通信は一度リクエストを送信したらレスポンスが返ってきた時点で通信処理が終了するので、
HTTPでは通信状態を維持することが不可能です。
そこで、PHPには擬似的に通信状態を維持するためのセッションと呼ばれる仕組みが存在します。
Cookieは、クライアントとサーバー間でデータを共有できる便利な仕組みですが、
このようなCookieの仕組みをさらに便利にしたのがセッションです。

セッションのデータはサーバー側に保存される

Cookieはクライアント側に保存される軽量なデータです。
サーバー側は、クライアント側のCookieを読み取ることで、ユーザに適したページを表
示したりすることができます。
クライアントからのリクエストによって処理された内容をサーバー側に保存しておき、
クライアントを識別するためのIDをCookieに保存します。
こうすることで、次回のアクセスではCookieに保存されたIDを参照してサーバー側に保存したデータを読み出すようにします。
これがセッションの仕組みです。

php.png

最後に

最近PHPの勉強を始めました。
次回はスーパーグローバル変数について掘り下げていきます。