AWSにEC2を作成した際に行う設定メモ

aws AWS

EC2インスタンスを作成した後、いつも調べたりするので忘れないようにメモ

ユーザの追加

インスタンス作成時はec2-userのみ作成されているため、別途ユーザを作成する

$ sudo adduser new_user
$ sudo passwd new_user
# パスワードを入力
# パスワードを再入力(確認)
$ sudo visudo

sudo の権限を追加

## Same thing without a password
# %wheel        ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL
new_user        ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL

sshでログイン出来るようにする

$ su - new_user
# パスワードを入力
$ mkdir .ssh
$ chmod 700 .ssh
$ cd .ssh
$ touch authorized_keys
$ chmod 600 authorized_keys
$ vim authorized_keys
# パブリックキーを追記して保存
$ exit
$ exit

ssh new_user@xxx.xxx.xxx.xxxでログイン出来るか確認

タイムゾーンの設定

日本時間に設定する。

$ date
Wed Sep 13 02:43:10 UTC 2017                                 # UTCになっている
$ strings /etc/localtime
TZif2
TZif2
UTC0
$ sudo cp -p /etc/localtime /etc/localtime.org               # バックアップ
$ sudo ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime  # シンボリックリンクをはる
$ data
Wed Sep 13 11:44:45 JST 2017                                 # JSTになった
$ sudo cp -p /etc/sysconfig/clock /etc/sysconfig/clock.org   # バックアップ
$ sudo vi /etc/sysconfig/clock                               # 再起動した場合UTCに戻らないようにする

ZONEUTCを編集して保存

ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false

パッケージのインストール

java8の例

$ java -version                                                       # javaのバージョン確認
java version "1.7.0_151"
OpenJDK Runtime Environment (amzn-2.6.11.0.74.amzn1-x86_64 u151-b00)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.151-b00, mixed mode)
$ sudo yum list available | grep java-1.8                             # 利用可能なパッケージを確認
$ sudo yum install java-1.8.0-openjdk.x86_64
$ sudo alternatives --config java
$ java -version
openjdk version "1.8.0_141"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_141-b16)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.141-b16, mixed mode)