travisの設定ファイルにSlackとCoverallsのトークンを暗号化して保存するときのメモ

travis travis
slack Slack
coveralls Coveralls

トークンをそのまま .travis.yml に記述することもできるが、github等で共有するときにトークンが見えたら困るので暗号化する。

travisツールを入れる

gem install travis

coveralls用トークンを追加

travis -r [githubアカウント名]/[レポジトリ名] encrypt COVERALLS_REPO_TOKEN="[coverallsのトークン]" --add env.global

Slack用トークンを追加

encrypt -r [githubアカウント名]/[レポジトリ名] "[Slackドメイン]:[Slackトークン]" --add notifications.slack

これで .travis.yml に暗号化されたトークンが追加される