TypeScriptの型と基本的な書き方

typescript TypeScript

typescriptの型と宣言方法

型が存在していて、明示的にどの型を使うかを指定できる

String型

// 文字列以外を代入するとコンパイルエラーが発生
var s: string = 'str'

Number型

// 数値以外を代入するとコンパイルエラーが発生
var n: number = 123

Boolean型

// 真偽値以外を代入するとコンパイルエラーが発生
var b: boolean = true

Any型

// 従来のjavaScriptの変数型(コンパイルエラーにならない)
var a: any = 'any'

配列の宣言

// string型の配列
var fruits: string[] = ['apple', 'orange', 'grape'];

// number型の配列
var numbers: number[] = [1, 10, 100, 1000];

連想配列の宣言

// keyがstring型の連想配列
var hash1: { [key: string]: string; } = {};

// 値を格納
hash1['a'] = 'a'; 


// keyがnumber型の連想配列
var hash2: { [key: number]: string; } = {};

// 値を格納
hash2[1] = 'b'; 


// 型未指定の連想配列
var hash3: { [key]: string; } = {};

// 値を格納(string/numberどっちもいける)
hash3['a'] = 'c'; 
hash3[1] = 'd';

インタフェース宣言

interface HumanInterface{
    name: string,
    age: number,
    gender: string,
}

クラスの宣言

class Taro {    

    name: string
    age: number
    gender: string

}

// インターフェースをimplemtntsすることもできる
class Taro implements HumanInterface{

    name: string
    age: number
    gender: string

}

終わりに

ざっと書いてしまったので、クラスやインターフェースについては別記事で詳しくまとめたいと思います。